港区や新橋駅周辺の貸事務所 > 株式会社ダク・エンタープライズのスタッフブログ記事一覧 > 賃貸オフィスを居抜きで契約することの利便性

賃貸オフィスを居抜きで契約することの利便性

≪ 前へ|【港区新橋 貸事務所】 セントラルビル(港区新橋4-27-1)   記事一覧   【港区新橋 貸店舗】 伊藤ビル(港区新橋2-19-7)|次へ ≫
カテゴリ:お役立ち情報

賃貸オフィスを借りようと思っていても、内装の工事や設備を整えるお金が十分でないと事業を進めるのが難しいと思います。


そのような人におすすめなのが、今回ご説明する居抜き物件です。


いったいどのような利便性があるのでしょうか。

 

賃貸オフィスを居抜きで契約することの利便性


賃貸オフィスを居抜き物件にするメリット


居抜き物件とは、前の契約者が使用していた設備をそのまま引き継いで利用できる仕組みです。


賃貸オフィスを借りる人にとっては、内装と備品を節約できることがメリットです。


新しくオフィスを借りる際には、まず内装工事費が大きな費用を占めます。


内訳としては、電気や空調など仕事をする環境を整えるのに欠かせない設備の費用や、机や椅子、キャビネットなどの仕事道具が必要です。


このような準備をする際に費用がかかるので、開設前に十分なお金を用意するのが負担だと考えられるでしょう。


しかし、居抜き物件にするとこうした内装と設備に関わるお金は必要なくなるので、費用を抑えられる点がメリットです。


この他、特別な工事の手続きが不要なので、入退去がスムーズに進むこともメリットとして挙げられます。


居抜き物件を使うことによって、賃貸オフィスを借りる人にとって時間とお金を無駄にせずに事業を始められる仕組みが整えられます。

 

賃貸オフィスを居抜き物件にするデメリット


居抜き物件は、入居当初から内装と設備が整っていることがメリットですが、これは逆に考えるとデメリットにもなり得ます。


理由は、すでに賃貸のレイアウトが決まっているからです。


新しく事業を始めるときには、使いやすいオフィスで仕事がしたいですよね。


しかし、居抜き物件は前のひとが使っていたレイアウトを引き継ぐ形式なので、自分好みの造りにするにはさらに手を加える必要があります。


また、内装や設備が劣化していることも考えられるので、その際には新しく修繕する費用が必要です。


そうなると、この機会に居抜き物件を利用して節約しようと考えていても、修理費が発生することとなり、当初の予定よりも負担が大きくなってしまうことも珍しくありません。


費用の面では安く抑えられますが、場合によっては予算をオーバーしてしまうことがデメリットです。


このような事態を防ぐためには、入居前に賃貸オフィスを見学しておきましょう。


・内装はどのようなレイアウトとなっているか。

・備品は問題なく使用できそうか。


上記の点をあらかじめ確かめておくだけでも、入居後のミスマッチを防ぐことが可能です。

 

まとめ


居抜きの賃貸オフィスを借りる際には、メリットとデメリットを踏まえて仕事がしやすい空間を借りましょう。


あなたにとって使い心地の良いお部屋に出会えると良いですね。


私たち株式会社ダク・エンタープライズでは、中央区・港区の事業用物件を多く取り扱っております。

 

貸事務所を探したい方は、ぜひお気軽に当社にお問い合わせください。

≪ 前へ|【港区新橋 貸事務所】 セントラルビル(港区新橋4-27-1)   記事一覧   【港区新橋 貸店舗】 伊藤ビル(港区新橋2-19-7)|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

花城美咲 最新記事



花城美咲

社内のいいムードメーカーになれたらと思っています。

スタッフ情報を見る

トップへ戻る