港区や新橋駅周辺の貸事務所 > 株式会社ダク・エンタープライズのスタッフブログ記事一覧 > 賃貸オフィスで使用する床の素材を選ぶポイント!

賃貸オフィスで使用する床の素材を選ぶポイント!

≪ 前へ|【港区新橋 貸事務所】 第3ニシムラビル(港区新橋5-8-13)   記事一覧   五反田で肉料理がテイクアウトできるお店2選!|次へ ≫
カテゴリ:お役立ち情報

賃貸オフィスを使う際には、事業所内のレイアウトを考えると思います。

 

特に、床はオフィスのイメージを決めるものなので、居心地がよいと思える色や素材を選びたいですよね。

 

そこで、この記事では賃貸オフィスの契約を検討されている方に向けて、使用する床の素材の種類や、選び方をご解説します。

 

賃貸オフィスで使用する床の素材の選び方のポイント



賃貸オフィスの床に使う素材の種類


 

オフィスの床に使われる素材は、社内の雰囲気に合うものを選びたいですよね。

 

ここでは、代表的な素材の種類をご紹介していきます。

 

<塩化ビニル製のフロアタイル>

 

主に、賃貸オフィスのエントランスや廊下に使われることが多く、耐久性に優れています。

 

多くの方が通る場所なので、頑丈な素材を使った塩化ビニル製が推奨されます。

 

抜群の耐久性を誇りますが、見方によっては安っぽく感じられる面もあります。

 

<フロアカーペット>

 

高級感を出せる素材が、フロアカーペットです。

 

主に執務室や役員室に利用されるもので、他の部屋との差異をつけるのに適しています。

 

<フローリングタイル>

 

木材を使用した素材で、室内に暖かみをもたらします。

 

主に働くスペースで使用されることが多く、掃除がしやすい利点があります。

 

<人工大理石タイル>

 

フロアタイルよりも、より高級感を出せるのが人工大理石タイルです。

 

名前のとおり大理石でできているため、洗練されたきれいなオフィスだという印象を持たせることができます。

 

賃貸オフィスの床に使う素材の色を工夫するメリット


 

賃貸オフィスの床は、その空間の雰囲気を変える材料となるので、どのような用途で使用したいかによって色を工夫するとよいでしょう。

 

たとえば暖色系の素材を使用すると、仕事にやる気をもたらすメリットが生じます。

 

赤は活力や勝利、黄色は元気な雰囲気をイメージさせる色なので、営業など人と対面する職業に適しています。

 

賃貸オフィスの雰囲気が明るいと、仕事にやる気が出ますよね。

 

このように、常に活力を保った職場を作りたいときに、暖色系の床にすると社員のモチベーションが高まることがメリットです。

 

また、寒色系にすると清潔感をもたらし、スピード感を持って仕事をする雰囲気が生まれます。

 

迅速で正確な対応が求められる電話オペレーターや、外部からの出入りがあるスペースに寒色系を用いると、落ち着く空間になるメリットがあります。

 

最後に、緑や茶色などのアースカラーは、リフレッシュ効果が期待できます。

 

そのため、賃貸オフィス内でももっとも落ち着いて談笑ができるスペースに使うと効果的です。

 

エントランスや応接スペースなど、外部の人が出入りする場所に用いるのもよいですし、社員の休憩スペースの床に使っても落ち着けますね。

 

このように、床の色を工夫すると仕事がしやすい空間を生み出せるメリットがあります。

 

まとめ


 

賃貸オフィスの床に用いる素材の種類は、その空間の使い方を考えながら選ぶことをおすすめします。

 

また、企業の雰囲気に合った色を使うと、事業所がより使いやすくなりますので、ぜひ取り入れてみてはいかがでしょうか。


株式会社ダク・エンタープライズでは、新橋・虎ノ門・港区エリアの貸事務所を多数取り扱っております。

 

事業用不動産に関することなら、当社までお気軽にお問い合わせください。

≪ 前へ|【港区新橋 貸事務所】 第3ニシムラビル(港区新橋5-8-13)   記事一覧   五反田で肉料理がテイクアウトできるお店2選!|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

花城美咲 最新記事



花城美咲

社内のいいムードメーカーになれたらと思っています。

スタッフ情報を見る

トップへ戻る