港区や新橋駅周辺の貸事務所 > 株式会社ダク・エンタープライズのスタッフブログ記事一覧 > 賃貸オフィスでの喫煙が禁止されたの?法改正の概要を解説

賃貸オフィスでの喫煙が禁止されたの?法改正の概要を解説

≪ 前へ|賃貸オフィス契約に活用できる保証会社って?加入させるメリットとは?   記事一覧   緊急時も安心!新橋エリアにある子どもを一時預かりできる施設を2つご紹介|次へ ≫
カテゴリ:お役立ち情報

賃貸オフィスでの喫煙が禁止されたの?法改正の概要を解説

法改正により、賃貸オフィスでの喫煙が禁止された影響で、オフィスの禁煙が進んでいます。
しかし具体的な内容や、違反をしたときの罰則についてはわからない部分が多いですよね。
そこでこの記事では、法改正で賃貸オフィスでの喫煙が禁止されたことについて、解説していきます。

弊社へのお問い合わせはこちら

賃貸オフィスでの喫煙が禁止された法改正の内容

2020年4月から、大多数が利用する施設内で、喫煙専用室以外での喫煙が禁止となりました。
これは多くの人が利用する賃貸オフィスでも同様です。
2018年7月に成立した健康増進法の法改正により、今回の内容が決められました。
法が成立した背景には、受動喫煙の防止が挙げられます。
職場においても、タバコを吸わない社員の健康も守らなければならず、すべての方にとって安心できる環境を提供しなければなりません。
なお喫煙をする社員に向けて、賃貸オフィス内には専用室を設ける必要が出てきます。

オフィスの管理者が気を付ける事

●オフィス内に灰皿などを置かないこと
●喫煙専用室に未成年者を入れないこと
●室内環境を整えること


以上に気を付けることで、法律に沿った職場を維持できると考えます。
今後賃貸オフィスの契約を考えている方は、タバコを吸える専用室を用意することを踏まえて、物件選びをすることをオススメします。

法改正に違反して賃貸オフィスで喫煙をした場合に罰則はあるの?

法改正に伴い、専用室以外のオフィス内は原則として禁煙とされています。
しかし違反した場合は、罰則が科されるのでしょうか。
結論から述べると、違反をするとまず都道府県知事からの指導が入るので、何らかの罰則があると考えてください。
なお指導に応じない場合は、

●助言
●勧告
●公表
●命令


が行われ、それでも指示に従わなければ罰則が科されます。
罰則対象となると、事業所の悪い評判にもつながるので、自治体の指示には必ず従うようにしましょう。
賃貸オフィス内での禁煙は、マナーではなくルールとされる時代になりました。
ルールを守らないと、指導や処罰の対象です。
オフィスの室内でタバコを吸わないように、従業員の意識を作ることも大切です。
法改正により、賃貸オフィスの室内は禁煙とされ、喫煙する社員に向けて専用室を設けることが義務とされました。
これにより管理者は、従来よりもすべての社員の健康を守ることが求められています。
健康促進のための良い機会として、社内の環境を整えることに取り組んでみましょう。
株式会社ダク・エンタープライズでは、新橋・虎ノ門・港区エリアの貸事務所を多数取り扱っております。
事業用不動産に関することなら、当社までお気軽にお問い合わせください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|賃貸オフィス契約に活用できる保証会社って?加入させるメリットとは?   記事一覧   緊急時も安心!新橋エリアにある子どもを一時預かりできる施設を2つご紹介|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

花城美咲 最新記事



花城美咲

社内のいいムードメーカーになれたらと思っています。

スタッフ情報を見る

トップへ戻る