港区や新橋駅周辺の貸事務所 > 株式会社ダク・エンタープライズのスタッフブログ記事一覧 > 新しい働き方!賃貸オフィスとシェアオフィスの違いを解説

新しい働き方!賃貸オフィスとシェアオフィスの違いを解説

≪ 前へ|【港区虎ノ門 貸事務所】 グランスイート虎ノ門(港区虎ノ門1-21-10)   記事一覧   職場での自費PCR検査実施の考え方|次へ ≫
カテゴリ:お役立ち情報

新しい働き方!賃貸オフィスとシェアオフィスの違いを解説

新しくオフィスを借りることを検討している方は、シェアオフィスの名前を聞いたことがあると思います。
従来の賃貸オフィスとの違いについて、興味がありますよね。
そこでこの記事では、賃貸オフィスとシェアオフィスの違いを解説していきます。

弊社へのお問い合わせはこちら

賃貸オフィスとシェアオフィスの違いとは?

賃貸オフィスとは、不動産会社との賃貸借契約を結んで働く場所を確保する形態です。
長期間にわたり同じオフィスを使用する場合は、その都度契約更新をしていきます。
これに対して、シェアオフィスとは運営する会社と利用契約を結んで、社員がその場所を使って勤務する形態です。
したがってシェアオフィスは、不動産会社との賃貸借契約を結ばない点が賃貸オフィスとの違いです。
なお利用時間についても、賃貸は24時間利用できるものの、シェアすると運営会社によって時間が定められていることが違いです。
またシェアオフィスは、他社と合同でオフィスを使用する点も、自社だけでオフィスを借りる形態とは違いが見られます。
双方の違いを把握して、働き方に合った方法でオフィスを作れると良いですね。

賃貸オフィスとシェアオフィスのメリットデメリットの違い

賃貸オフィスとシェアオフィスの違いは、メリットデメリットが対照的であることが挙げられます。
まず費用に関しては、賃貸オフィスのほうが室内の設備を整えたり、各種手数料や保険に加入することで初期費用が大幅にかかってしまいます。
これに対して、シェアオフィスは保証金と礼金を必要とすることで、手数料や保険にかかるお金はありません。
上記がお金に関するメリットデメリットです。
費用を考えるとシェアするほうが使いやすいと思われるものの、実はデメリットもあります。
それは、他社との共同オフィスなので、長い目で見ると働きにくさを感じてしまうことです。
たとえば企業の情報を漏らさないように、プライバシーを徹底しなければなりません。
また他社の雑音が気になることと、共有スペースの使い方など、仕事以外の部分で相手に気を遣わなければなりません。
その点、自社で賃貸を借りるとすべてが専有空間なので、仕事だけに集中できますし、不都合が生じたら自社内で解決すれば良いのです。
長期的に考えると、賃貸オフィスのほうが事業を拡大しやすくメリットが大きい形態です。

必見|港区・新橋周辺のIT企業向けオフィス特集

まとめ

賃貸オフィスとシェアオフィスの違いとは、賃貸借契約の有無と、空間を自社のみで使うのか、あるいは他社と共同で使うのかが挙げられます。
事業の様子や、メリットデメリットを踏まえながらオフィスの形態を考えていきましょう。
私たち株式会社ダク・エンタープライズでは、品川駅周辺の貸事務所を取り扱っております。
ぜひお気軽にお問い合わせください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|【港区虎ノ門 貸事務所】 グランスイート虎ノ門(港区虎ノ門1-21-10)   記事一覧   職場での自費PCR検査実施の考え方|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

花城美咲 最新記事



花城美咲

社内のいいムードメーカーになれたらと思っています。

スタッフ情報を見る

トップへ戻る