港区や新橋駅周辺の貸事務所 > 株式会社ダク・エンタープライズのスタッフブログ記事一覧 > 賃貸オフィスの窓に広告を貼る方法と注意点とは?

賃貸オフィスの窓に広告を貼る方法と注意点とは?

≪ 前へ|仕事で疲れた体を癒す 新橋にあるおすすめの銭湯2選をご紹介   記事一覧   【新宿区四谷 貸事務所】 フランセビル(新宿区四谷1-18-4|次へ ≫
カテゴリ:お役立ち情報

賃貸オフィスの窓に広告を貼る方法と注意点とは?

街中を歩いているとオフィスの窓に大きな文字で社名やイラスト広告を貼っているところが多いですよね。
賃貸オフィスを借りたものの、どのようにして広告を貼ればいいのかわからない方も多いのではないでしょうか。
集客アップ効果のある広告ですが、賃貸オフィスの場合は広告を貼る際に注意が必要です。
そこで今回は、賃貸オフィスの窓に広告を貼る方法や注意点について解説します。

弊社へのお問い合わせはこちら

ステッカーを作成しよう!賃貸オフィスの窓に広告を貼る方法

窓に貼ることができるステッカーには、インクジェットステッカーとカッティングシートの2種類があり、用途によって使い分けるのがおすすめです。
写真やイラストなどを窓に貼りたい場合は、インクジェットステッカーがおすすめです。
糊付きの塩ビシートにプリンターで写真やイラストを印刷し、それを好きな形にカットするスタイルなので、デザインの自由度が高いのが特徴です。
カラフルなイラストでもプリンターで印刷するため、形や色もそのまま再現することができます。
一方で、社名や営業時間など文字を窓に貼りたい場合は、様々な種類の粘着剤付きのシートをカッティングプロッタという装置を用いてカットしていくカッティングシートがおすすめです。
インクジェットステッカーのような自由度がなく、使用する色ごとのシートを準備しなければならず手間がかかります。
しかし、インクジェットステッカーよりも安価なのがカッティングシートの魅力。
また、インクジェットステッカーに比べると色の種類は劣りますが、一色一色の鮮やかさはカッティングシートの方が勝ります。
そして、問題は窓に貼る方法ですが、高層階のオフィスの場合は外から直接貼るのは難しいですよね。
そのような場合はシールを準備する段階から反転させて作成し、窓の内側から貼る方法をおすすめします。

賃貸オフィスの窓に広告を貼る際の注意点とは

賃貸オフィスの窓に勝手に広告を貼ることはルール違反です。
あくまでオフィスは借りているわけですから、事前に賃貸オフィスのオーナーに相談して許可をもらってから広告の作成に取り掛かりましょう。
仮に契約書に窓の利用に関する記載がなかったとしても、ビルのテナントは家主の承諾なしに広告等を貼り出すことはできないというのが一般的な考え方です。
広告を作成してからトラブルにならないように、事前に相談しておきましょう。

まとめ

自社の宣伝に有効な窓の広告ですが、あくまで賃貸オフィスはオーナーの所有物ということを念頭に入れ、広告作成に取り掛かってくださいね。
株式会社ダク・エンタープライズでは、新橋・虎ノ門・港区エリアの貸事務所を多数取り扱っております。
事業用不動産に関することなら、当社までお気軽にお問い合わせください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|仕事で疲れた体を癒す 新橋にあるおすすめの銭湯2選をご紹介   記事一覧   【新宿区四谷 貸事務所】 フランセビル(新宿区四谷1-18-4|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

花城美咲 最新記事



花城美咲

社内のいいムードメーカーになれたらと思っています。

スタッフ情報を見る

トップへ戻る