港区や新橋駅周辺の貸事務所 > 株式会社ダク・エンタープライズのスタッフブログ記事一覧 > 【港区新橋 貸事務所】 IMCビル新橋(港区新橋5-5-1)

【港区新橋 貸事務所】 IMCビル新橋(港区新橋5-5-1)

≪ 前へ|賃貸オフィス内の気になる空気の乾燥について解説   記事一覧   【今って受診するべき?しないべき?】|次へ ≫
カテゴリ:新橋
【物件路線:駅紹介】

IMCビル新橋(港区新橋5-5-1)は、JR線「新橋」駅徒歩7分、都営三田線「御成門」駅徒歩6分の新橋の赤レンガ通りを新虎通りに向かい、通りを渡って十字路の右側にあるグレードの高いビルです。 

IMCビル新橋の最新空室情報はこちら

【物件の設備、特徴等】

設備面では24時間使用可、個別空調完備、OAフロア設置済、女性に嬉しい男女別トイレと光ファイバー導入済みでとても仕事がしやすい環境が整っております。 IMCビル新橋は2002年竣工、地上9階・地下1階建、鉄骨鉄筋コンクリート造の新耐震基準適合物件です。

【物件すぐ近くの周辺状況】

1階には有名な飲食店が入っておりますので物件までの行き方を説明しやすいと思います。 すぐ手前には郵便局があり日比谷通りに出ればスーパーや銀行もあります。窓が大きいのでとても明るくて眺望の良いビルです。 

【エリア情報】 

IMCビル新橋がある新橋は都内でも有名なビジネス街であり、毎日多くのビジネスマン達が行き交う街です。 このエリアにあるのは新橋駅で、JR4 路線と東京メトロ銀座線・都営浅草線・ゆりかもめの計7 路線が乗り入れるターミナル駅となっています。ですが、新橋エリアは新橋駅以外にも内幸町駅・御成門駅・汐留駅が近いため、多方面からアクセスがしやすいビジネス街といえます。

新橋は汐留、虎ノ門、中央区銀座の一部も含めて新橋エリアと呼ばれる事が多く、新日本石油、ソフトバンク日本通運、パナソニックなど多くの企業の本社がこの地域にあります。再開発により汐留周辺にはハイスペックな賃貸事務所や人気スポットが増え若者にも人気の街となっております。

そんな新橋は鉄道発祥の地や開運狸など楽しい歴史が詰まった街です。
新橋という名の由来は汐留川に架けられていた橋の名で、現在は新橋、西新橋、東新橋となっていますが関東大震災前は「新橋」という町名は存在しませんでした。
港区の新橋区域は関東大震災の際に大きな被害を受け地域全体がほぼ焼野原になったという歴史がありますが復興の為に大規模な町名整理され、現在の「新橋」という町名が誕生したのです。

交通アクセスから周辺施設まで、円滑に事業を行なえる条件が揃っている港区新橋。 

新橋エリアの物件情報はダク・エンタープライズが数多くご紹介しております。 
貸事務所、貸店舗をお探しの際はお気軽にご相談ください。

IMCビル新橋の最新空室情報はこちら



≪ 前へ|賃貸オフィス内の気になる空気の乾燥について解説   記事一覧   【今って受診するべき?しないべき?】|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

喜多好治 最新記事



喜多好治

しょっちゅう、トラブル処理をしています。(笑) 真面目だと思われてます。(笑)

スタッフ情報を見る

トップへ戻る