港区や新橋駅周辺の貸事務所 > 株式会社ダク・エンタープライズのスタッフブログ記事一覧 > 賃貸オフィスで設備の故障が起きた時の費用負担は?知っておきたい注意点も

賃貸オフィスで設備の故障が起きた時の費用負担は?知っておきたい注意点も

≪ 前へ|【中央区日本橋蛎殻町 貸事務所】 小島ビル(東京都中央区日本橋蛎殻町2-10-12)   記事一覧   【港区東新橋 貸事務所】 布福ビル(港区東新橋1-2-8)|次へ ≫
カテゴリ:事例

賃貸オフィスで設備の故障が起きた時の費用負担は?知っておきたい注意点も

賃貸オフィスを使用していると起こりうる問題に、設備の故障があります。
このような場合、誰の費用負担に なるのか、誰が修理を おこなうのかなど、気になる点はたくさんありますよね。
そこで今回は賃貸オフィスで設備の故障が起きた場合に注目し、その際の費用負担や注意点についてご説明していきます。

弊社へのお問い合わせはこちら

賃貸オフィスの設備が故障した際の費用負担は誰がする?

賃貸オフィスで設備の故障が起きた場合、誰が費用負担するかについては、一般的に「賃貸借契約書」や「重要事項説明書」などに明記されているものです。
そして、 借主の過失で壊れたのか、経年劣化だったのか、建物の躯体に関するものなのかなど、故障の経緯や状況によって誰が負担するのかも変化してきます 。
締結した賃貸借契約書の内容にもよりますが、原則的には 貸主が設備に関する修繕の費用負担をします。
もう少し具体的な例を挙げてみましょう。

賃貸オフィスに付いているエアコンが故障したケース

貸主の費用負担となるのは

●賃貸オフィスがエアコンも付いている物件として募集され契約していた場合(エアコンの使用を前提に賃料が発生している)

借主の費用負担となるのは

●借主の過失で故障した場合(フィルター掃除の怠りなど)
●エアコンが、賃貸物件に含まれない「残置物」として契約していた場合


このように、建物の躯体を含めた該当設備に対して 賃料を支払っているのであれば費用負担は貸主、支払っていないのであれば費用負担は借主になると言えます。
もちろん、契約書でより細かく取り決めがある場合はそちらに従いましょう。

賃貸オフィスの設備故障に関する注意点とは

賃貸オフィスの設備が故障した場合、どのような注意すべき点があるでしょうか。

故障の経緯を明らかにする

どんな状況で故障したのか、借主の過失や故意に破損させたのか否かなど、故障に至った経緯を明確にしておきます。

「賃貸借契約書」の内容を確認する

賃貸借契約書に記載されている内容をもう一度確認しておきます。
特に 、貸借契約書に「設備」についての記載があるか確かめておきましょう。
ちなみに「設備」の記載がない場合、一般的には貸主に費用負担の義務はないとみなされます。

設備を適切に使用する心がけ

賃貸オフィスに設置されている設備などは、普段から適切な使い方を心掛けておくのも重要 と言えるでしょう。
本来、貸主の費用負担となる設備であっても、先述のとおり借主の過失であれば費用負担は借主となってしまいます。

まとめ

賃貸オフィスや商用の賃貸では、設備の故障を修繕する際の金額も比較的大きくなるケースが多いです。
契約締結時に設備についての契約内容をあらかじめ双方でしっかりと確認しておくこと、そして設備は適切に使用することが望ましいでしょう。
私たち株式会社ダク・エンタープライズでは、品川駅周辺の貸事務所を取り扱っております。
ぜひお気軽にお問い合わせください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|【中央区日本橋蛎殻町 貸事務所】 小島ビル(東京都中央区日本橋蛎殻町2-10-12)   記事一覧   【港区東新橋 貸事務所】 布福ビル(港区東新橋1-2-8)|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

花城美咲 最新記事



花城美咲

社内のいいムードメーカーになれたらと思っています。

スタッフ情報を見る

トップへ戻る