港区や新橋駅周辺の貸事務所 > 株式会社ダク・エンタープライズのスタッフブログ記事一覧 > オフィスに個室の設置を検討する際に知っておきたいこととは

オフィスに個室の設置を検討する際に知っておきたいこととは

≪ 前へ|【港区虎ノ門 貸事務所】 虎ノ門水野ビル(港区虎ノ門3-11-12)   記事一覧   【渋谷区代々木 貸事務所】 代々木吉野ビル(渋谷区代々木1-58-5)|次へ ≫
カテゴリ:事例

オフィスに個室の設置を検討する際に知っておきたいこととは

近年はオフィスの様子も変わってきており、ワークスペースとして個室を設ける企業も徐々に増えてきました。
ただ、実際に設けるには手間がかかるうえに、費用も発生するので、必要性や特徴を事前によく確認しておくことが重要です。
今回は、オフィスにパーソナルブースの設置を検討している方に向けて、個室の設置で得られるメリットや、生じてしまうデメリットについて解説します。

弊社へのお問い合わせはこちら

新型コロナ対策に有効?オフィスでの個室の必要性とは

パーソナルブースとは、少人数が入れる空間や個室のことを指し、多くの企業が導入を進めている設備の1つといわれています。
個室を要するかどうかは、ケースバイケースではあるものの、新型コロナが広がっている現在、必要性は総じて高まっているといえます。
社員の多くが感染すると業務が滞り、営業不能にも陥りかねません。
また、感染症対策が不十分では社員も安心して働けず、業務効率が低下するほか、離職につながる恐れもあります。
個室があれば感染のリスクが下がり、安心して業務にあたれます。
個室には感染症対策以外にもメリットがあるので、従業員の安全を守るためにも、本格的に設置を検討してみてください。

オフィスに個室があるときのメリットとは

オフィスに個室を設けると、業務効率が上がります。
新型コロナへの不安が軽減されるのはもちろんのこと、作業に集中しやすい環境が作れるからです。
個人差はありますが、他人の視線や雑音によって、作業効率が下がってしまう方も少なくありません。
個室なら周囲の視線や音を遮断しやすく、個人の業務に集中して取り組めるのです。
ワークスペースとしての個室にはおしゃれなものもあり、まるでカフェにでもいるような新鮮な気持ちで社員が働けることも、業務効率の改善につながります。
そのほかにも、個室は周囲から内部が見えにくいので、企業秘密のデータも扱いやすいです。
重要な情報を知る社員を制限しやすく、情報漏洩のリスクを下げられます。

オフィスに個室を設ける際のデメリットとは

個室を採用すると、社員同士が常に顔を突き合わせて仕事をするときに比べて、会話が減りやすいです。
何気ない会話から生まれるアイデアが減ってしまうほか、報告・連絡・相談が滞り、業務に支障をきたすリスクもやや高まります。
そのほかにも、各社員の姿が見えにくくなるので、各人の勤務態度や作業の進捗状況を上長が把握しにくい点もデメリットといえるでしょう。

まとめ

個室は昨今の重要な課題である感染症対策として役立ち、職場での必要性も総じて高まっています。
設置することで得られるメリットがある一方、注意しなければならないデメリットもあるため、十分に検討したうえで設置するかどうかを判断しましょう。
私たち株式会社ダク・エンタープライズでは、港区周辺の貸事務所を取り扱っております。
ぜひお気軽にお問い合わせください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|【港区虎ノ門 貸事務所】 虎ノ門水野ビル(港区虎ノ門3-11-12)   記事一覧   【渋谷区代々木 貸事務所】 代々木吉野ビル(渋谷区代々木1-58-5)|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

花城 美咲 最新記事



花城 美咲

社内のいいムードメーカーになれたらと思っています。

スタッフ情報を見る

トップへ戻る