港区や新橋駅周辺の貸事務所 > 株式会社ダク・エンタープライズのスタッフブログ記事一覧 > 個人事業主が賃貸オフィスの契約を断られる理由とは?解決策も解説!

個人事業主が賃貸オフィスの契約を断られる理由とは?解決策も解説!

≪ 前へ|【港区新橋 貸事務所】 新橋安達ビル(港区新橋5-28-7)   記事一覧   新橋のおすすめランチ3選をご紹介|次へ ≫
カテゴリ:事例

個人事業主が賃貸オフィスの契約を断られる理由とは?解決策も解説!

個人事業主は賃貸オフィスを借りる際に、不利になる場合があることをご存じでしょうか?
そのため、フリーフランスの方がオフィスを借りる場合には、いくつか注意すべき点があります。
そこで今回の記事では、個人事業主が賃貸オフィスの契約をする前に、知っておくべき注意点を解説します。

弊社へのお問い合わせはこちら

個人事業主が賃貸オフィスを借りる際に求められる条件とは

個人事業主は収入が不安定であったり、不特定多数の方たちがオフィスに出入りしたりする可能性があります。
そのため、不動産を所有するオーナーだけでなく、仲介不動産会社にとってもリスクの高い賃貸借契約になるのです。
もちろん、賃貸借契約を締結する際には、厳しい入居審査をクリアする必要もあります。
そのため、賃料を収入の20%以内に抑えたり、収入が途絶えたときに賃料の支払いに回せる預貯金を蓄えたりして、オーナーと仲介不動産会社の信頼を得ることをおすすめします。

個人事業主が賃貸オフィスを契約しづらい理由とは

個人でビジネスをしている方は、法人よりも収入の見通しが立ちづらいという理由から、入居審査をなかなかクリアできません。
とくに、起業したばかりですと、正確な収入を示すデータがありません。
これから先、仕事が順調に軌道に乗るかどうかもわかりません。
また、独立してから何年か経過している場合でも、経費をできる限り多く計上するなどの節税対策をして所得を圧縮していることがあります。
すると、賃料を支払える能力がないと判断されてしまい、契約を断られることもあるのです。
さらに、従業員や取引先などの多くの方が出入りすると、セキュリティ管理が甘くなり、他の住民の方たちに迷惑をかけてしまうことから、契約を拒否されてしまう可能性もあります。

個人事業主が賃貸オフィスを借りるときの解決策とは

個人事業主が事務所専用のオフィス物件を借りるには、オーナーと仲介不動産会社からの信頼を得ることが解決策です。
貸主にとって、途中で収入が途絶えて賃料を回収できない点がもっともデメリットです。
そのため、一定の収入があることを証明できる収入証明書や納税証明書などを用意しましょう。
また、事業計画書をオーナーと仲介不動産会社に提出して、今後も安定した収入を用意できると示すことも解決策の1つです。

まとめ

個人事業主が賃貸オフィスを借りづらいことは事実です。
しかし、一定した収入があり、今後も賃料を継続して払える人物であると証明できれば、事務所用の物件を借りられます。
仮に、起業したばかりで収入を証明できる書類がない場合には、オーナーや仲介不動産会社に事業計画を真摯に説明するところから始めてみましょう。
株式会社ダク・エンタープライズでは、港区エリアの貸事務所を多数取り扱っております。
事業用不動産に関することなら、当社までお気軽にお問い合わせください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|【港区新橋 貸事務所】 新橋安達ビル(港区新橋5-28-7)   記事一覧   新橋のおすすめランチ3選をご紹介|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

花城 美咲 最新記事



花城 美咲

社内のいいムードメーカーになれたらと思っています。

スタッフ情報を見る

トップへ戻る