港区や新橋駅周辺の賃貸事務所 > ブログ記事一覧 > 美容室の開業におけるテナントの探し方と6つのポイント

美容室の開業におけるテナントの探し方と6つのポイント

≪ 前へ|髙木ビル(東京都千代田区岩本町1-3-9)・小伝馬町駅周辺の賃貸オフィス(貸事務所)   記事一覧   第一スレートビル(千代田区神田佐久間河岸51)・秋葉原駅周辺の賃貸オフィス(貸事務所)|次へ ≫
カテゴリ:テナントの探し方


この記事は以下のような方に向けて書きました。


  • 美容室の開業に向けてテナントを探している
  • 理想的なテナントをどうやって探していいか分からない
  • 美容室のテナントを探すにあたり、信頼できる不動産会社に出会いたい


  • 美容室のテナント探しは、お店づくりや集客を左右する重要な要素です。

    なぜならテナントによりお客様からの印象、立地による集客のしやすさ、初期投資や運用コストが全く違うからです。そのため、どんなテナントを探せばいいか分からないという方が少なくありません。


    以上を踏まえて、本記事では下記についてまとめました。

  • 美容室の開業におけるテナントの探し方6つのポイント
  • テナント探しの前に大事な「コンセプト」と「資金計画」の設定
  • 出店エリアや立地の決め方
  • テナントの決め方
  • 優良物件を教えてくれる不動産会社の見つけ方
  • 美容室のテナントを探す際の注意点


  • 美容室のテナントを探すための基本が分かりますのでお役立てください。




    目次



    美容室の開業におけるテナントの探し方6つのポイント




    美容室のテナントの探し方として、6つのポイントを紹介します。

    中でも「1番のコンセプト」と「2番の資金計画の作成」は、店作りとお金に関係するので、一番最初に向き合いたいポイントです。



    【美容室のテナントの探し方 6つのポイント】

     1.美容室のコンセプトを明確にする
    美容室のコンセプトは一番最初に決めましょう。お客様に「どのような価値を提供したいか」「どんな体験をして、どんな気持ちになってほしいか」「どんなお店だと思ってもらいたいか」を明確にすると、理想のお店をイメージしやすくなり、テナントを選びやすくなるからです。
     2.資金計画の作成
    美容室のテナント探しにおいて、テナントを探す前に「資金計画(美容室の経営に必要な資金をどこから調達し、どのように運用していくのか)」を立てることが大事です。資金面の計画が曖昧な場合、設備投資や毎月のコストが高くなり、資金不足になりかねないからです。
     3.出店エリア・立地を決める
    出店エリア・立地により「地域が持つイメージ」「賃料相場」「客層」「平均顧客単価」「美容室の数」「競合店の強さ」「交通の利便性」が違います。そのため希望の出店エリア・立地に対するリサーチをした上で、美容室のコンセプトや資金計画を踏まえて決めたいところです。
     4.テナントの種類を決める
    テナントの種類により「コンセプトにあった店作りのしやすさ」「賃料」「お客様から見たお店のイメージ」「集客のしやすさ」が変わります。また出店エリア・立地とも関係してきますので、テナントの種類を考慮した上で物件を探したいところです。
     5.テナントの状態を決める
    テナントの状態によって「コンセプトにあった店作りのしやすさ」「工事費用(内装・設備など)と期間」は大きく変わります。大きな投資になりますし、その後の売上に影響しますので、しっかり確認した上で決めたいところです。
     6.優良物件を優先的に紹介してくれる不動産会社を見つける
    優良な物件情報ほど、不動産会社と関係性が深い会社から紹介されます。その後にオープンな物件としてサイトに掲載される形です。そのため優良物件情報を優先的に回してもらえる不動産会社を探して、関係性を深めることが大事です。
     1.美容室のコンセプトを明確にする
    美容室のコンセプトは一番最初に決めましょう。お客様に「どのような価値を提供したいか」「どんな体験をして、どんな気持ちになってほしいか」「どんなお店だと思ってもらいたいか」を明確にすると、理想のお店をイメージしやすくなり、テナントを選びやすくなるからです。
     2.資金計画の作成
    美容室のテナント探しにおいて、テナントを探す前に「資金計画(美容室の経営に必要な資金をどこから調達し、どのように運用していくのか)」を立てることが大事です。資金面の計画が曖昧な場合、設備投資や毎月のコストが高くなり、資金不足になりかねないからです。
     3.出店エリア・立地を決める
    出店エリア・立地により「地域が持つイメージ」「賃料相場」「客層」「平均顧客単価」「美容室の数」「競合店の強さ」「交通の利便性」が違います。そのため希望の出店エリア・立地に対するリサーチをした上で、美容室のコンセプトや資金計画を踏まえて決めたいところです。
     4.テナントの種類を決める
    テナントの種類により「コンセプトにあった店作りのしやすさ」「賃料」「お客様から見たお店のイメージ」「集客のしやすさ」が変わります。また出店エリア・立地とも関係してきますので、テナントの種類を考慮した上で物件を探したいところです。
     5.テナントの状態を決める
    テナントの状態によって「コンセプトにあった店作りのしやすさ」「工事費用(内装・設備など)と期間」は大きく変わります。大きな投資になりますし、その後の売上に影響しますので、しっかり確認した上で決めたいところです。
     6.優良物件を優先的に紹介してくれる不動産会社を見つける
    優良な物件情報ほど、不動産会社と関係性が深い会社から紹介されます。その後にオープンな物件としてサイトに掲載される形です。そのため優良物件情報を優先的に回してもらえる不動産会社を探して、関係性を深めることが大事です。


    以下より詳しく見ていきましょう。

    美容室のテナント・探し方のポイント1.コンセプトを決める




    美容室のテナント探しにおいて、一番最初に行いたいのはコンセプトを決めることです。

    「どんなお店にしたいのか?」を明確にすると、理想のお店をイメージでき、テナントを選びやすくなるからです。


    【決めておきたいコンセプトの例】

  • どのような価値を提供したいか?
  • どのように価値提供するか?
  • どんな体験をして、どんな気持ちになってほしいか?
  • どんなお店だと思ってもらいたいか?
  • どんなお店にしたいか?
  • 顧客単価とサービス内容、収益モデル
  • 他の美容室との違いをどのように作るか?
  • 上記までを踏まえた上で、店内の導線・内装をどうするか? など


  • もちろん、コンセプトを決める過程で「どのようなテナントがあるのか?」を調べることはオススメです。

    いろいろなテナントを見ることで、店作りのイメージがしやすくなり、物件を探しやすくなるからです。

    美容室のテナント・探し方のポイント2.資金計画の作成




    美容室のテナント探しにおいて、テナントを探す前に「資金計画(美容室の経営に必要な資金をどこから調達し、どのように運用していくのか)」を作成することが大事です。

    資金計画が曖昧な場合、設備投資や毎月のコストが高くなり、資金不足になりかねないからです。


    そのためテナントを決める前に下記を具体的にした上で、資金計画を立てたいところです。

  • 資金をどこから調達するか
  • 開業資金として投資できる額
  • 賃料 など


  • 実際に資金計画を曖昧にした結果、下記のように大変な思いをされている美容室オーナーは少なくありません。

  • 開業資金があっという間になくなる
  • 賃料が高く、資金繰りが苦しい
  • 集客や広告に使うお金がなくなる
  • 売上を追いかけるのでストレスを感じる
  • 赤字のためアルバイトせざるをえない など


  • このような事態を回避し、美容室の売上を上げるためにも、テナントを探す前に「資金計画の作成」をしたいところです。

    美容室のテナント・探し方のポイント3.出店エリア・立地を決める




    出店エリア・立地は、美容室の店作りや集客に大きく影響する要素です。そのため、しっかりリサーチをした上で、美容室のコンセプトや資金計画を踏まえて決めたいところです。


    なぜなら出店エリア・立地によって下記要素に違いがあるからです。

  • 地域が持つイメージ
  • 賃料相場
  • 客層
  • 平均顧客単価
  • 美容室の数
  • 競合店の強さ
  • 交通の利便性 など


  • いくつかポイントがありますので、以下より詳しく見ていきましょう。

    出店エリア・立地の決め方1.既存のお客様が来店しやすくする


    美容室の出店エリア・立地を決めるにあたり「既存のお客様が来店できる」ように検討が必要です。



    その際は「既存のお客様」に関する下記情報を確認しましょう。


  • 住所
  • 来店時間
  • お店への移動時間と手段
  • 来店のタイミング(仕事帰り・休日など)
  • 平均顧客単価 など


  • 上記のような情報を確認のうえで、お客様が来店し続けてくれるようなエリア・立地を検討します。


    ただし既存客がいない、あるいは少ない場合はこだわらなくて大丈夫です。

    出店エリア・立地の決め方2.美容室のコンセプトに合わせる


    出店エリアや立地は、美容室のコンセプトにマッチした場所を選ぶことが大事です。


    出店エリアにより下記要素に違いがあるからです。

  • 地域が持つイメージ
  • 賃料相場
  • 客層
  • 平均顧客単価
  • 美容室の数
  • 競合店の強さ
  • 交通の利便性 など


  • また、エリアには特有のイメージがあります。地名を耳にしただけで、多くの人が共通したイメージを思い浮かべる地域もあります。

    そのため「美容室のコンセプト」と「エリアの持つイメージ」を合わせることも大事です。



    以下に地域が持つイメージの例を挙げてみます。


    【東京・丸の内エリア】

    エリアの特徴 金融機関や大手企業が本社を構えるビジネスの中心地
    エリアのイメージ オフィス街 ハイスペックなビジネスパーソンが多い
    エリアとマッチするコンセプト ハイセンスで落ち着いた大人専用のサロン
    エリアの特徴 金融機関や大手企業が本社を構えるビジネスの中心地
    エリアのイメージ オフィス街 ハイスペックなビジネスパーソンが多い
    エリアとマッチするコンセプト ハイセンスで落ち着いた大人専用のサロン



    【渋谷エリア】

    エリアの特徴 ファッションの情報発信地
    エリアのイメージ 充実したレジャー施設とアパレルの街 若者が多い
    エリアとマッチするコンセプト 若年層向けの流行最先端を発信するサロン
    エリアの特徴 ファッションの情報発信地
    エリアのイメージ 充実したレジャー施設とアパレルの街 若者が多い
    エリアとマッチするコンセプト 若年層向けの流行最先端を発信するサロン


    地域が持つイメージにより客層も変わり、求められるコンセプト、受け入れられやすいコンセプトも変わります。

    以上を踏まえて、美容室のコンセプトと合っているのか?を確認しながらエリアや立地を決めていきましょう。

    出店エリア・立地の決め方3.初期投資や賃料などのランニングコストを考慮する


    美容院出店にかかる経費(初期費用や賃料)も出店エリア・立地を決定する重要な要素です。

    賃料相場はエリアや立地により変わるので、売上計画や必要経費を考慮した上で、出店エリアを検討しましょう。それにより、経営リスクを減らすことができます。


    もしも、コスト面の見立てが甘い場合は要注意です。なぜなら下記のように大変な思いをされている美容室オーナーが少なくないからです。

  • 開業用に用意した資金があっという間になくなる
  • 毎月の経費が高く、常に資金繰りを心配する
  • 収益がギリギリのため広告にお金を使えない
  • 常に売上を追いかける必要があり、ストレスを感じる
  • 赤字のためアルバイトせざるをえない など


  • 以上を踏まえて、初期投資や賃料などのランニングコストを考慮して、美容室のテナントを探したいところです。

    美容室のテナント・探し方のポイント4.テナントの種類を決める




    テナントの種類は、店作りや資金計画、集客のしやすさに影響します。そのためテナントの種類と特徴、メリット・デメリットを考慮して物件を選びたいところです。


    テナントの種類による影響項目はこちらです。

  • コンセプトにあった店作りのしやすさ
  • 賃料
  • お客様から見たお店の印象
  • 集客のしやすさ
  • 来店のしやすさ
  • 出店エリア・立地との関係 など


  • 以上を踏まえて、テナントの種類別に特徴やメリット・デメリットを見ていきましょう。

    美容室向けのテナントの種類1.路面店舗


    路面店舗とは道路に面した1階部分の店舗のことです。道路といっても、幹線道路沿いを除く、歩行者が通るような場所を指しています。

    歩行者や道路を走る車両の目に止まりやすいので、工夫次第では「飛び込みの来店」「通り過ぎた際に気になった方が、後にスマホで検索して来店」など、集客効果を期待できます。

    そのため、美容室に限らずさまざまな業種で人気があります。


    なお、路面店舗のメリット・デメリットはこちらです。

    【メリット】

  • 道路から目に止まりやすいため、工夫次第で集客につながりやすい
  • 店舗の外装にこだわることで、美容室のコンセプトを表現しやすい など

  •  
    【デメリット】

  • 賃料相場が高い
  • 外装工事に高額費用が必要 など

  • 美容室向けのテナントの種類2.空中店舗


    ビルの2階以上に位置するテナントを空中店舗といいます。ただし、ショッピングモールや商業施設内にある店舗は空中店舗に含まれません。

    ビル1階にあるテナントと比べると集客のしやすさは落ちますが、賃料や仲介手数料を押さえやすくなります。

    また、テナントが1階でなくても「看板などの工夫」「Web集客の仕組み」ができれば、十分に集客と収益が見込めるので、選択肢に入れて問題ありません。


    なお、空中店舗のメリット・デメリットはこちらです。

    【メリット】

  • 路面店舗に比べて、賃料や仲介手数料が安く設定されている
  • 来店中、お客様のプライバシーを保護しやすい など

  •  
    【デメリット】

  • 1階にある美容院と比べて、集客に工夫が必要
  • ビルが古い、汚い、なんとなく雰囲気が良くない場合は、集客に影響する可能性がある など
  •  

    美容室向けのテナントの種類3.ショッピングモールや商業施設


    テナントの種類3つ目は、ショッピングモールや商業施設にあるテナントです。

    特徴として、多くの方に知ってもらいやすいこと、一般的な賃料が売上に対する歩合制であることを挙げられます。


    なお、ショッピングモールや商業施設のメリット・デメリットはこちらです。

    【メリット】

  • 集客効果が高く、工夫次第で十分な利益を見込める
  • 施設サイドで一定の広告活動をしてもらえる など


  • 【デメリット】

  • 営業日や営業時間を含め、施設のルールに合わせる必要がある
  • 施設としての集客力に、美容室の集客も影響を受ける
  • 客層に合わせた店作りをしないと集客が難しい など

  • 美容室向けのテナントの種類4.ロードサイド店舗


    ロードサイド店舗とは、郊外の交通量が多い幹線道路沿いにあるテナントを指します。

    独立した店舗として出店でき、駐車場付きの広い店舗であることが特徴です。


    なお、ロードサイド店舗のメリット・デメリットはこちらです。

    【メリット】

  • 路面店など、他種類のテナントと比べて賃料相場が安い傾向がある
  • 駐車場がセットのため遠方の方も来店いただきやすい
  • 車やバイク移動の方が顧客対象になるので商圏が広い


  • 【デメリット】

  • 車をお持ちでないお客様は来店しづらい
  • 商圏が広範囲になるため競合店舗が多い

  • 美容室向けのテナントの種類5.一戸建てやマンションの一室


    一戸建てやマンションの一室を使って開業する方は少なくありません。

    完全予約制のプライベートサロンとして競合との差別化をしたり、他種類のテナントと比べて賃料を抑えやすいのも特徴です。

    そのため事業規模や資金、コンセプトによっては、一戸建てやマンションの一室を検討するのもありでしょう。


    なお、一戸建てやマンションのメリット・デメリットはこちらです。

    【メリット】

  • 初期費用や賃料、開業資金を抑えられる
  • 店舗面積が広くない場合は、お店づくりをしやすい


  • 【デメリット】

  • 法的な規制、マンションの管理規約などを確認しなければならない
  • 生活感が出ないような工夫が必要
  • マンションを避ける方が一定数いらっしゃる

  • 美容室のテナント・探し方のポイント5.テナントの状態を決める




    テナントの状態によって「コンセプトにあった店作りのしやすさ」「工事費用(内装・設備など)と期間」は大きく変わります。

    大きな投資になりますし、その後の売上に影響しますので、テナントの種類について理解を深めた上で、物件を決めたいところです。


    以下に一例を挙げます。

     例1.居抜き
    前入居者の内装・設備・備品が残っている状態です。内装や設備を大きく変えなくていい場合は、出店にかかるコストを必要最小限に抑えられます。
     例2.スケルトン
    店舗内がコンクリートむき出しで何もない状態です。ゼロから内装や設備を整えるので、理想的な店作りをしやすい一方で、出店にかかるコストが大きくなります。
     例1.居抜き
    前入居者の内装・設備・備品が残っている状態です。内装や設備を大きく変えなくていい場合は、出店にかかるコストを必要最小限に抑えられます。
     例2.スケルトン
    店舗内がコンクリートむき出しで何もない状態です。ゼロから内装や設備を整えるので、理想的な店作りをしやすい一方で、出店にかかるコストが大きくなります。


    以下より見ていきましょう。

    テナントの状態1.スケルトン


    スケルトンとは、店舗内がコンクリートむき出しで何もない状態のテナントのことです。

    またテナントには、いくつかの種類がありますが、世の中に存在する空き物件の多くはスケルトンです。

    なぜなら、法律で賃貸借契約の借主には原状回復義務が定められているため、事業用でテナントを借りるときは、スケルトンでお借りして、スケルトンで返すことが原則になっているからです。


    なお、スケルトンのメリット・デメリットはこちらです。

    【メリット】

  • ゼロイチで内装工事をできるためデザインの自由度が高い
  • コンセプトにあった美容室づくりをしやすい


  • 【デメリット】

  • 工事費用や設備導入費用が高額になる
  • 工事に期間が必要で、開業までの賃料も発生する

  • テナントの状態2.居抜き


    居抜きとは、前入居者の内装・設備・備品が残っているテナントのことです。

    何がどの程度残っているかは物件により異なりますので、不動産会社の担当者に確認をしましょう。

    なお、居抜きのテナントを借りる場合は、内装類等を買い取る必要があるのも特徴です。


    居抜きのメリット・デメリットはこちらです。

    【メリット】

  • 工事費用を安価に抑えることができる
  • 開業までの期間を短縮することができる


  • 【デメリット】

  • 内装、設備、什器備品の買取費用がかかる
  • 前入居者が美容室でない場合、工事費用が高額になる可能性がある
  • 設備の故障に対する保証がない

  • テナントの状態3.前入居者の退去時のまま


    前入居者が退去して、そのままの状態というテナントです。設備や内装を引き継ぐことができますが、居抜きと違って「内装類等」を買い取る必要はありません。

    そのためテナントの状態、もしくは前入居者が美容室の場合は、大掛かりな工事の必要がなく、コストパフォーマンスに優れています。


    なお、メリット・デメリットはこちらです。

    【メリット】

  • 無償で設備や什器備品を利用することができる
  • 開業までの期間を短縮することができる


  • 【デメリット】

  • 設備や什器備品が正常に作動する保証がない
  • 前入居者が美容室でない場合、工事費用が高額になる可能性がある

  • 美容室のテナント・探し方のポイント6.優良物件を優先的に紹介してくれる不動産会社を見つける




    美容室のテナント探しでは「優良物件の情報を優先的に教えてくれる不動産会社」を見つけたいところです。

    そのために大事なことは、店舗物件を多数扱っている不動産会社を探し、関係性を深めることです。

    なぜなら優良な物件情報ほど、不動産会社と関係性が深い会社から紹介されるからです。その後、オープンな物件としてサイトに掲載される形です。


    なお、不動産会社と関係を構築するためのテクニックとして、下記を伝えることは効果的です。

  • 美容室を本気で開業する準備があること
  • 他の不動産会社にはお願いしていないこと(お願いしていたとしても)
  • 良い物件があれば御社にお願いしたいこと


  • 不動産会社の担当者は、真剣に物件を探している方を応援してくれますし、契約してくれる可能性が高いとなれば、より物件紹介に力が入るからです。

    美容室のテナントを探す際の注意点


    美容室のテナントを探す際には、以下のようなポイントに気を付けておくとよいでしょう。

     1.積極的に内見を行う
    内見することで、街の雰囲気やテナントの立地を知ることができます。物件資料には掲載されていない情報を多く体感してみてください。間取りは良くても、隣の店舗の雰囲気が悪いということもあるからです。
     2.内見には工事業者も同行してもらう
    1回目の内見でも、2度目以降の内見でも、気になったテナントを絞り込み、より入念にチェックしたいときは、工事業者に同席してもらうとよいでしょう。なぜなら内装の見た目のみならず、給排水や電気容量を確認してもらうなど、プロの目線で確認したいポイントが多いからです。
     3.夜の時間も街の様子をチェックする
    街は昼と夜で異なる顔を見せるものです。往来する人の質量も変わりますので、時間を変えて街の様子を把握しましょう
     1.積極的に内見を行う
    内見することで、街の雰囲気やテナントの立地を知ることができます。物件資料には掲載されていない情報を多く体感してみてください。間取りは良くても、隣の店舗の雰囲気が悪いということもあるからです。
     2.内見には工事業者も同行してもらう
    1回目の内見でも、2度目以降の内見でも、気になったテナントを絞り込み、より入念にチェックしたいときは、工事業者に同席してもらうとよいでしょう。なぜなら内装の見た目のみならず、給排水や電気容量を確認してもらうなど、プロの目線で確認したいポイントが多いからです。
     3.夜の時間も街の様子をチェックする
    街は昼と夜で異なる顔を見せるものです。往来する人の質量も変わりますので、時間を変えて街の様子を把握しましょう

    まとめ


    美容室のテナントの探し方で大事なことは、コンセプトや資金計画にマッチしたテナントを見つけることです。


    そのため本記事では下記について紹介しました。

  • テナント探しの前に大事な「コンセプト」と「資金計画」の設定
  • 出店エリアや立地の決め方
  • テナントの決め方
  • 優良物件を教えてくれる不動産会社の見つけ方
  • 美容室のテナントを探す際の注意点

  •  
    理想のテナントが見つかり、美容室ビジネスが成功する手助けになることを祈っています。

    港区で美容室のテナントを探している方へ


    弊社「株式会社ダク・エンタープライズ」は、事業用不動産の仲介業として、港区でテナント・オフィス・貸事務所の物件を多数取り扱っています。

    なかでも新橋・虎ノ門エリアでは、地元のオーナー様との関係性から「弊社でしか扱っていないテナント」まで紹介させていただいています。


    また、「ALL-WIN(周りの人すべてに利益がもたらされる)」という企業理念に基づき、事業者様のテナント探しに対して、一緒に試行錯誤させていただいています。

    もしも、テナントについてご相談になりたい方は、下記よりお問い合わせください。


    お問い合わせはこちら ➡


    まずは「予算内で借りられるテナントを探してほしい」という方は、下記ボタンをクリックして「希望物件のリクエスト」を入力して送信ください。


    希望物件のリクエストはこちら ➡


    ≪ 前へ|髙木ビル(東京都千代田区岩本町1-3-9)・小伝馬町駅周辺の賃貸オフィス(貸事務所)   記事一覧   第一スレートビル(千代田区神田佐久間河岸51)・秋葉原駅周辺の賃貸オフィス(貸事務所)|次へ ≫

    最新記事

    おすすめ記事

    カテゴリ

    >>全ての記事を見る

    XMLRSS2.0

    花城 美咲 最新記事



    花城 美咲

    お客様が気持ちよく物件探しができるように電話対応から接客まで親切、丁寧を心がけて対応いたします。

    スタッフ情報を見る

     おすすめ物件


    水野ビル

    水野ビルの画像

    賃料
    44万円
    種別
    事務所
    住所
    東京都中央区銀座1丁目15-14
    交通
    銀座一丁目駅
    徒歩3分

    大門アーバニスト

    大門アーバニストの画像

    賃料
    60.4796万円
    種別
    店舗一部
    住所
    東京都港区芝大門2丁目3-6
    交通
    浜松町駅
    徒歩6分

    第14大協ビル

    第14大協ビルの画像

    賃料
    10.5万円
    種別
    事務所
    住所
    東京都千代田区神田和泉町3-11
    交通
    秋葉原駅
    徒歩5分

    瀧山ビル

    瀧山ビルの画像

    賃料
    47.0694万円
    種別
    事務所
    住所
    東京都港区浜松町1丁目19-5
    交通
    浜松町駅
    徒歩3分

    トップへ戻る